コープ住宅推進協議会関西
4 関西での住宅の事例
 
(1)コープ住宅の事例

● サロンを持つコレクティブ的コープ住宅
 オーガーデン


 

- 概 要 -

所在地: 兵庫県西宮町
事業主体: 甲陽園コーポ協同建設組合
コーディネーター: こーぽす
設計: 茶屋建築事務所
施工: 西田工業株式会社
構造: RC造 地上6階 地下1階
敷地面積: 1,082.34平方メートル
建築面積: 647.79平方メートル
延床面積: 2,587.17平方メートル
建ぺい率: 59.85%
容積率: 192.38%
住戸数: 19戸
主な共用施設: サロン
計画期間: 1995年6月〜1997年6月
施工期間: 1997年7月〜1998年8月

阪神淡路大震災の後組合が結成されたが、ほとんどの人が被災した人達で、再建が急がれた。

組合員の内の4名がそれぞれの趣味、音楽バンドをしている人にはステージを、ビリヤードをする人にはビリヤード台を、ワインが趣味の人にはバーを、講演をする人には映写設備を備えサロンとして所有したものを、組合員全員が使用できるようにした。

最近はできるだけ標準化して効率よくコープ住宅を提供しようとする傾向の中で、本来の自由度の高い個性を出した設計のものが多い。

金融公庫の融資の基準である「良好な生活環境と良好なコミュニティーの形成に寄与する」ものと審査され個人共同住宅部門で第1回 KANNSAI 優良団地賞を受賞した。

 

このページのトップへ